病棟

特定の癌細胞をやっつける

男性

体力をつけておくこと

樹状細胞療法とは、免疫細胞の一種であり体に入る異物を攻撃してやっつけるという性質を持っています。樹状細胞には、体に悪影響を与えるような外敵を直接やっつけることが出来ても癌細胞を悪いものと認識する性質はありません。そこで、樹状細胞を患者の体の中から一部取り出して癌細胞の情報を与えることで特定の癌細胞を見つけると攻撃してやっつけることが出来るという治療法になります。これによってやっつけたい癌細胞を直接集中攻撃することが出来るので、体への負担が少なく副作用のリスクも低く再発予防にも期待できると言われています。樹状細胞療法を行うには、十分な体力が必要となるので治療を受ける前には体力をつけられるように食事に気を付けてしっかり体を休ませておくことが大事です。

適した治療であるかの確認

樹状細胞療法は、体への負担が少なく免疫力を高めて自分の体内で癌細胞に対する治療を行うことが出来るため画期的な治療法であると言えますが免疫細胞を使った治療は科学的に有効であることの証明がしっかりとされていないため自由診療となっています。そのため、全額自己負担で治療費を賄う必要が出てくるため樹状細胞療法を受けるには膨大な治療費が必要となります。樹状細胞療法を受けることが、大きな経済的負担となる可能性が出てきます。そのため、担当の主治医としっかり相談しながら自分には樹状細胞療法が本当に適しているのかそれ以外に適した治療法はないのかどうかを確認したうえで最終的に治療法を選ぶようにすると良いと言えます。