病棟

日本で一番多い肺のがん

女の人

種類と患者数の傾向

肺がんには、小細胞肺がんと非小細胞肺がんがあります。小細胞肺がんは増殖力が強く転移もしやすいので、悪性レベルが高いといわれています。治療方法は放射線や抗がん剤が有効とされます。非小細胞肺がんは肺がんと診断された患者中80%ほどを占めており、肺に存在するどの組織にがんが発生したかで進行速度や現れる症状が違います。治療では手術が有効とされ、放射線など化学療法は硬化が薄いようです。少し前までは男性がなりやすいがんといわれていましたが、近年は男女共に同じくらいの患者数となっています。死亡率も同じくらいで、年齢が高くなるほど患者数及び死亡率が上昇しています。現代は環境を配慮した製品や工場が開発されているので、嗜好品であるたばこに注意をすると良いと思います。

他者に与える被害を避ける

たばこは喫煙をしている当人だけでなく、煙を吸い続けたことが原因で肺がんになるケースもあります。喫煙者でないのにたばこの煙を吸ってしまうことを受動喫煙と言い、子育てやマナーの場で指摘されることが増えています。日本は特にマナーを重視する国なので、都心や栄えている町には立ち寄りやすい喫煙所が設けられています。また、喫煙について国が注意を呼びかけてから分煙を行っている飲食店も多いです。受動喫煙は大人にも影響がありますが、子どもへの影響は大人より比べて強くなります。たばこをやめられない、やめたくないのであれば喫煙をする場所を考える必要があります。周囲に迷惑をかけないようにマナーを守って喫煙をすると、肺がんというリスクを他者に与えなくて済みます。