病棟

胃の粘膜がんの手術

看護師

全摘手術の注意点

胃がんでは外科手術によって、部分切除または全摘手術が展開されますが、患者側としては少しでも胃を残したい要望があるものの、医療を提案する側としては手術後の再発のないことが前提となり、原則は局所を広く切ることを提案している点に気を付けたい内容です。また早期の胃がんが発見され、がん細胞が浅くとも、横に広ければ部分切除ではなく全摘手術となるケースも挙げられています。ですが、切除の手術手技は近年レベルも高く、必要な時には外科医を信頼して積極的に胃の全摘の手術を受けることも大切です。食事に不自由さを感じやすいのがこれまでの手術後の難点でもあり、脾臓やすい臓の尾部の一部も切除される心配もありますが、移植手術などによって生活に不都合がない手術も展開されています。

様々な治療法

胃がんが発見された場合、胃切除手術が外科で行われますが、近年では治療法も進歩しており、病気に応じた低侵襲治療が展開されています。度重なる検査によって、リンパ節に転移がないと診断された場合や、がんの深さが粘膜の表面に留まっている場合、内視鏡で粘膜切除が行え、さらに入院の必要もない魅力も挙げられています。がんの大きさが2センチ未満であることもポイントですが、早期の胃がんの場合、腹腔を大きく切開せずに小さな穴を開けて腹腔鏡によって局所切除したり、部分切除して繋ぐことも可能です。ですが再発リスクを減らすには、粘膜層に及んだがんは開腹手術が適応されており、転移の可能性のある周囲のリンパ節も取り除くなど、2センチ未満の早期がんでも状況に応じた手術が展開されています。