病棟

がんの進行や再発の防止

看護師

手術後に残ったがん細胞

がんの治療は、基本的には手術によっておこなわれています。がんは、がん細胞が分裂によって数を増やすことで進行していくので、まずはそのがん細胞が多く集まっている部分を、体から切り離す必要があるのです。それによりがん細胞の数は物理的に少なくなるので、がんは進行しにくくなるわけです。目に見えないような小さながん細胞の塊は、手術では除去できませんが、それは免疫細胞によって撃退されていきます。完全に撃退できればがんは完治することになりますが、しかし免疫力が低下している人の場合、それは困難です。その残ったがん細胞が増殖すると、再びがんが悪化していくことになります。それを防ぐために、がん患者の多くが名医による放射線治療を希望しています。名医なら、体内に残ったがん細胞を、放射線でしっかりと撃退することができるのです。

的確な場所に照射

放射線治療は、多くの医療機関でおこなわれていますが、効果の出方は医師の腕によって大きく異なっています。目に見えない小さながん細胞を攻撃するわけですから、的確な場所に放射線を照射できるかどうかが、成功の鍵となります。そして名医なら、がん細胞が存在している場所に、より高確率で放射線を照射することができるのです。放射線治療では、がん細胞だけでなく、正常な細胞もある程度の影響を受けます。そのため名医による放射線治療を受けることは、正常な細胞を守り、その働きで健康体を取り戻すためにも、大事なことなのです。さらに名医なら、がんの状態次第ですが、手術せずに放射線治療のみで治すことも可能となっています。つまり、体の負担のより少ないがん治療となるわけです。

特定の癌細胞をやっつける

男性

樹状細胞療法は、特定の癌細胞をやっつける治療法であり治療を受けるには十分な体力が必要になってきます。自由診療となり、治療費は全額自己負担となって大きな経済的負担になることがあるので自分に適した治療であるかを医師と確認したうえで受ける必要があります。

View Detail

Recommended Links

  • がんのクリニック

    大腸がんなら優良クリニックへ通ってみませんか?身体の状態に合わせて治療プランを提案してくれるでしょう。

日本で一番多い肺のがん

女の人

肺がんは日本で最も多いがんで、その原因はたばこにあるといわれています。たばこは吸っている当人が一番リスクが高いのですが、煙による受動喫煙という被害により肺がんになるケースも少なくないようです。喫煙は、他者に迷惑をかけないように行うことが大切です。

View Detail

胃の粘膜がんの手術

看護師

病気に応じた治療法を外科では提案しており、胃がんでは胃の開腹切除以外にも内視鏡などで済む場合も挙げられています。転移のあるなし、またがんの深さや大きさなどによりますが、専門医を信頼し、委ねることもポイントです。

View Detail